会社を作ります その2

前回までのあらすじ

yosh.hateblo.jp

あれからさらにやったこと

定款認証

マネーフォワード会社設立 で定款を作成すると提携の行政書士の先生が対応してくださいます。私の場合は行政書士法人TOTALという事務所の先生に丁寧に対応してもらいました。これらを全部無料でやってくださるとのことでマネーフォワードすごいです。

行政書士の先生から「公証役場との打合せを開始する」とメールいただいてから2営業日ほどで
「定款のオンライン申請が完了しました」と連絡がきました。

翌日、公証役場へ電話連絡をして午前のうちに取りに行きました。公証済みの定款が何部必要かわからなかったので3部もらいましたが2部で良かったかも(法務局登記用と自分用)。

資本金払込

ATM手数料が無料になる楽天銀行を使いました。発起人が自分一人の場合は振込じゃなくてATMでの預け入れで資本金を払ったことになるそうです。

地域によっては定款認証の日付以降の処理じゃないとダメなところがあるので注意が必要です。

私は資本金100万円としたかったのですが、セブンATMは一回の預け入れで50枚までしか受け付けません。50万円2回の預け入れとしました。資本金が大きくなるとセブンATMでの預け入れはめんどくさいかもしれません。

f:id:yoshihiro503:20190901103341j:plain
資本金の払込

登記書類の作成

マネーフォワードが必要なものをPDFで用意してくれます。こちらで用意すべきなのは、取締役全員の印鑑証明と上記の通帳のログです。印鑑証明はセブンイレブンで24時間発行できます。便利〜

f:id:yoshihiro503:20190901103434p:plain
登記書類

登記書類のチェック

設立希望日の9月2日まで少し日がありましたが、不備があったら困るのでまずは法務局へ行ってチェックだけしてもらいました。本当は法務局へ前日予約が必要でしたが私の場合はラッキーだったのか当日予約で見てもらいました。マネーフォワードで作った書類はあっさりOKでした。

登記書類の郵送

あとは法務局へ申請するだけです。申請した日(平日に限る)が会社の設立日になります。私の場合は健康保険の手続きを複雑にする無職期間を作りたくなかった(実際は8/31退職で9/1は無職になります)ことと、定款に8月決算と書いてしまったことから9月の最初を設立日としたかったのです。

配達日指定の書留であとは無事届くことを待つのみ。

これからやること

  • 法務局へ登記事項証明書(謄本)を取りに行く: 書類申請から3-5営業日ほどかかるそうです(オンラインでも取得できる?)
  • 社会保険の手続き: 健康保険証ゲットのために必要、登記事項証明書の原本が必要
  • 税務署、都道府県税事務所へ届け出: 税理士の先生に丸投げです、定款・登記事項証明書のコピーが必要
  • 法人の銀行口座作成: ネットバンクとメガバンクを作りたいです